バイトする前に覚えておこう、ローソンてどんなお店?

ミルクショップローソン

ローソンはサークルK、ファミリーマート、セブンイレブンと並ぶ大手コンビニです。

ローソンはコンビニエンスストアチェーンとしては世界で初めて全都道府県に出店 した青と白の看板が特徴的な大手コンビニです。 もともとはアメリカでミルクを売っていたお店で、その名残として牛乳のマークが 今でも看板に描かれています。 ローソンの原型となったミルクショップローソンは1939年にアメリカのオハイオ州 でローソンさんが始めたお店で、その後ローソンミルク社を設立してミルクだけでなく 日用品も販売するチェーン店を展開しました。 商品がミルクだけではチェーン展開をしても厳しいでしょうが、日常生活で必要となる 商品を扱うことでその問題をクリアしました。 しばらくしてローソンミルク社はコンソリデーテッドフーズ社の傘下となりますが、 アメリカ国内にコンビニのローソンは現在ありません。 日本ではあちこちにあり、サークルK、セブンイレブン、ファミリーマートなどと 同じように全国展開しているローソンですが、アメリカに一軒もないというのは 少し不思議な気もしますが、バイトをするのならこれくらいは知っておいたほうが いいのかもしれません。 日本でのローソンの始まりは、プロ野球でおなじみのダイエーが1974年に コンソリデーテッド・フーズ社と提携してダイエーローソンを設立したことから 始まります。 大阪にローソン一号店が開店すると近畿地方をメインに店舗を増やしていきますが、 この頃扱っていた商品は今のような日用品全般ではなく主に加工肉などで、 お客さんの注文を受けてサンドイッチをその場で作るようなお店でした。 今のサブウェイみたいな部分を持ったお店だったようです。 1980年にサンチェーンと業務提携して1989年に合併すると、社名を ダイエーコンビニエンスシステムズに変更して店舗名はローソンに統一されます。 そこからローソンの快進撃がはじまります。 全国に店舗展開を開始すると、2006年にファミリーマートが全都道府県に出店 するまではコンビニ界で唯一の全国に店舗を持つコンビニチェーンでした。 日本で最初に全47都道府県に出店したコンビニということは、コンビニ界では初期 にこの業界を牽引してきたということでしょう。 ローソンがなければ今のコンビニの繁栄もこれほどではなかったかもしれません。 現在ではスーパーを利用するよりもお手軽でどこにでもあるコンビニで買い物をする 人が多く、バイトの求人も飲食店やスーパーよりコンビニの方が目立ちます。 同じ商品ならスーパーで買った方が安い、定価に近いので高いと思われがちな コンビニですが、プライベートブランドの出現などにより同じ品質の商品でも スーパー並の値段で購入することもできるようになってきました。 またアニメやキャラクターとのタイアップでそのコンビニでしか手に入らない アイテムがもらえるなど、顧客を引き寄せるアイデアでも勝負しています。 レジで清算すればすぐに食べられるフード類も充実しており、お腹がすいたから ちょっとコンビニに寄って行こう、と昔のローソンのようにファーストフード としての利用者も増加しています。 お昼用に弁当やオニギリを、家で飲むドリンクを、夜食のカップラーメンを、 急に電池が切れたから24時間営業のコンビニで調達を、最近乾燥してるから リップクリームを、雑誌の発売日だから立ち読みを、などなどいろんな理由で コンビニへ行く人がいます。 お客さんやバイトも若者が多かったコンビニエンスストアですが、今では生活に密接 に関わるようになってきて、老若男女問わず気軽に出入りされる場所になりました。