バイトする前に覚えておこう、ローソンてどんなお店?

ローソンコラボ

タイアップやコラボレーションが盛んなコンビニがローソンです。

ローソンはアニメとのタイアップを積極的に行っているコンビニエンスストアで、 タイアップ元のファンが喜ぶような企画をたびたびやっています。 週刊少年ジャンプで連載されていた人気アニメのジョジョの奇妙な冒険では作中に オーソン(OWSON)が登場したこともあって、作者の原画展の時に期間限定で 仙台柳町通店の看板をオーソン杜王町店として営業していました。 杜王町はジョジョの奇妙な冒険に出てきた土地で、オーソン杜王町店へ訪れたお客さん は作中の舞台に入り込んだ気分になれる、というわけです。 マンガなどでは許可無く実際に存在するお店や看板を描写してはいけませんので コンビニの看板をオーソンとして描いていたのですが、そこから発展したのが このオーソン杜王町店の企画です。 ジョジョファンなら少しくらい遠くでも足を運びたくなりますし、話題性にも期待の 持てるコラボレーションでした。 看板を変えてしまうほどではないにしても、ヱヴァンゲリヲンとのタイアップ企画 もありましたし、ゲームのスカッとゴルフパンヤとのコラボもありました。 2010年のけいおん!とのタイアップでは対象となるタイアップ商品を2個購入 するとクリアファイルがもらえるという企画があり、けいおんファンが買い捲って クリアファイルをいくつもゲットしていったようです。 2011年にも同じようなけいおん!とのタイアップがあり、こちらはクリアファイル ではなくうちわが貰えました。 グッズにはキャラクターが行ったお店という設定で作中に出てくる土地の架空の店舗、 ローソン桜が丘店が描かれています。 ローソンは作品に合わせた架空の店舗がお気に入りのようで、作中にローソンが 出てくると喜ぶようです。 夏色キセキというアニメ作品でもエンドロールに協力しており、そのかわり作中 では毎回のようにローソンが登場しています。 もちろんただそれだけの関係ではなく、タイアップ企画としてレシートID キャンペーン、クリアファイルキャンペーンなども行っています。 単発企画だけではなく今後も面白い企画が夏色キセキとの間で練られているので しょうし、ファンとしては目が離せないコンビニです。 ドラえもんで有名な藤子・F・不二雄氏のキャラクターとの企画もあり、 コラボレーション店舗の展開をしたり、藤子・F・不二雄ミュージアムのチケット販売 も行っています。 ちなみにドラえもんは藤子・F・不二雄と藤子・A・不二雄の共作です。 Fはファンタジー、Aはアナーキーから来ていると言われることもありますが、 実際には単純に本名の頭文字から取っただけです。(藤本・安孫子) ファンタジー、アナーキーはそれぞれの作風に由来してそう云われるようになったのか、 藤子・F・不二雄の作品はほのぼのとした明るい雰囲気が多く、代表作にはパーマン、 オバケのQ太郎、新オバケのQ太郎などがあります。 一方藤子・A・不二雄はやや暗めの作品もあり、笑ゥせぇるすまんのような大人向け 作品も描いています。 他にも帰ッテキタせぇるすまん、踊ルせぇるすまんなどブラックな作品が多く、 そこからアナーキーといわれるようになったのでしょう。 このようにマニア向けのアニメ、萌え系のアニメ、国民的アニメと幅広くタイアップ しているローソンは、あらゆる層の顧客を取り込んで発展していくことでしょう。